ワキガ対策に!クリームで簡単にワキガを抑えましょう!

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s
自分がワキガであると気付いたとき、いきなり、「病院に行って手術をしよう!」と決める人はなかなかいません。ほとんどの人が、まずは自宅でできる体臭を消す方法を試したいと考えるのではないでしょうか。
自宅でできるワキガ対策にも、体質改善や食事療法、運動など数多くありますが、もっとも手っ取り早く効果を実感できるのが、“デオドラント商品”を使って体臭を消すことですよね。

そんなデオドラント商品の中でも、もっとも注目されているのが“クリームタイプ”。

「えっ、体臭ケアなら制汗スプレーじゃないの?」と思われる人もいると思いますが、実は、実際にワキガ対策にと制汗スプレーを使った多くの人が、効果が薄い、もしくは効果がないと感じているのです。

体臭ではなく“ワキガに特化した商品”を使いたいと思うと、やはりスプレーでは物足りず、クリームが選ばれています。

クリームを脇の下に塗るなんて、なんだかヌルヌルしそうなイメージですが…なぜここまで多くの支持を集めているのでしょうか?そのワケを調べてみました。

ワキガ対策に「クリーム」が選ばれるワケ

ワキガの臭いの原因は?

ワキガと、一般的な汗の臭いは異なるものです。制汗スプレーで一時の体臭を抑えられてもすぐにまたワキガ臭を放ってしまうのは、ワキガの原因そのものにアプローチした商品ではないからなのです。

ワキガの原因は、脇の下や耳、陰部などに多くある「アポクリン腺」という汗腺から出る汗と、それをエサに増殖した「肌の常在菌」です。

脇の下は体温で温かく、アポクリン汗には体内の老廃物が含まれていて細菌たちにとってはとても住みやすく増えやすい環境。常在菌の中でも「ジフテロイド菌」が汗を分解した結果、強烈なワキガ臭を発生させてしまうのです。

つまり、ワキガ対策に効果がある商品を探すときには、
・アポクリン腺から出る汗を抑える
・ジフテロイド菌の働きを抑える
この2点に作用する成分が入っているかどうかがポイントになります。

ワキガ対策クリームにふくまれる有効成分とは?

gakusya

ワキガ対策クリームが人気を集めるワケは、このワキガの原因2つに直接作用する成分が含まれているからです。

代表的な成分が、
・イソプロピルメチルフェノール
・パラフェノールスルホン酸亜鉛

なかなか聞きなれない名称ですが、イソプロピルメチルフェノールはワキガの臭いを発生させる細菌ジフテロイド菌を強力に殺菌する成分です。もうひとつ、パラフェノールスルホン酸亜鉛は、アポクリン汗を抑え臭いのもとを絶ちます。

つまり、ワキガ対策クリームは、ワキガ臭を発生させている根本的な原因を、同時に抑え込むことができるのです。

天然成分で肌をいたわってくれる

制汗スプレーや多くのデオドラント商品には、制汗や消臭、殺菌の成分はふくまれていても、肌を美しく保つという発想がないものが多いですよね。

実は、脇の下の皮膚はとても敏感で、スキンケアを間違えればすぐに黒ずみや肌荒れを起こしてしまう部分なのです。それを踏まえると、脇に直接つけるものには肌を優しくいたわる成分が入っていてほしいですよね。

ワキガ対策商品の中でも、クリームタイプはもっとも“美肌成分”がふくまれています。

植物由来の消臭成分や、保湿成分、美白成分を配合しているクリームもあり、自分のライフスタイルや肌タイプに合わせて選ぶことができます。

通販商品ならではのサービスが受けられる

人気の高いクリームタイプの商品は、通信販売がほとんどです。そのため、薬局やドラッグストアで購入した商品ではありえない、“全額返金保証”や、定期購入による“割引き”など、嬉しいサービスが充実していることがあります。

ワキガのような深刻な悩みになると、さまざまな市販品を試して「デオドラント難民」のようになっている人も少なくありません。そうなると、新たな商品を試してみたいとなったとき、本当に効果があるのか疑心暗鬼になりますよね。

しかし、返金保証制度が充実しているものを選べば、たとえ自分に効果がなかったとしても返金してもらえば損はないので安心して試してみることができます。

クリームタイプのデメリットは?

なんだかとっても良さそうに聞こえるワキガクリームですが、まったくデメリットはないのでしょうか?

薬局で買えないものが多い

薬局では買えないb
第一のデメリットとして、人気の高いワキガ対策クリームは、そのほとんどが“薬局では買えません”。

とにかく今すぐほしい!と思っても、会社の帰りに近くのドラッグストアで購入する…ということができないのです。

逆に言えば、誰とも顔を合わせずにこっそりとワキガ対策ができる、ということでもあります。

高価なものが多い

このワキガ臭を消せるのならいくらでも出せる!そんな人もいますが、できるなら金銭的な負担は少ない方が良いですよね。

ワキガ対策クリームは、市販のデオドラント商品と比べかなり高価なものが多い印象です。有名メーカーの顔用美肌美容液…とまではいきませんが、5000円~1万円前後するものもあります。

割引き制度があったとしても、しっかりと選んでから購入を決めたい商品です。

これが最強のワキガ対策クリーム!おすすめ3商品!

ワキガ対策クリームのメリットとデメリットを知ったところで、いよいよ本当に悩んでいる人におすすめしたい注目の商品を3つご紹介します。

クリアネオ

imgrc0064374575
単品価格:5,980円(税抜) 
有効成分:イソプロピルメチルフェノール、パラフェノールスルホン酸亜鉛
返金保証:永久

こちらはワキガ対策クリームとして、もっとも有名な商品のひとつ。ワキガ対策に欠かせない制汗と殺菌成分を備えているほか、柿渋エキスや海藻、緑茶、セージなど7種類の植物エキスを配合しています。

臭いを抑えるほか、敏感肌さんや全身美肌を目指したい人の願いも叶えてくれるクリームです。

成分が近いクリームが1万円前後するのに対し、こちらはとてもリーズナブル。さらに返金が永久保証というのは驚きのサービスです。

ラポマイン

144439
単品価格:8,560円(税抜)
有効成分:イソプロピルメチルフェノール、パラフェノールスルホン酸亜鉛
返金保証:90日間

先にご紹介したクリアネオに比べると高価ですが、ワキガの臭いを絶つ有効成分に加え、なんと21種類もの天然植物エキスを配合しています。

カモミールやトウキンセンカなど、アロマの世界でも薬効が高いことで知られるハーブを配合し、皮脂のコントロールや肌荒れの予防をします。

消臭だけでなく、美肌にもこだわりたい方のための“1ランク上”のワキガ対策クリームです。

リフレア薬用 デオドラントクリーム

rapomainn
単品価格:1,490円(税抜)
有効成分:ベンザルコニウム塩化物、イソプロピルメチルフェノール、クロルヒドロキシアルミニウム
返金保証:なし

この商品は「ワキのニオイに」というコマーシャルのフレーズで気になっている人も多いのでは。

先に紹介した2商品と比べ、圧倒的な価格の安さが魅力です。当然、返金保証はありませんが、とりあえず試してみるにはお手頃と言えますね。

ワキガ臭を生む菌への有効成分が2種類も含まれており、かなり強力な殺菌が期待できます。ただし、長時間はもたないという口コミが見られるため、外出中は何度か塗り直しが必要そうです。

さいごに

含まれている有効成分や肌への優しさを考えると、やはり自宅でできるワキガ対策として、クリームはかなりの力を発揮してくれそうですね。

通販商品は価格がネックではありますが、手術やボトックス注射よりはずっと安価です。病院の受診は最終手段にとっておいて、いちどワキガ対策クリームを試してみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2015-2016 なぜ人気?ワキガ対策商品は「クリーム」がオススメのわけ, All Rights Reserved.